債権回収を弁護士に依頼する

アパートやマンション経営をしているが、住人が家賃を滞納し催促しても払ってくれない。ツケを認めていたが、未回収の売掛金がたまっていて早く払って欲しい。相手が逃げてしまい連絡が取れなくなったという場合、債権回収をしなければいけません。相手には支払う義務があるのにそれを果たさない人もいます。そのままにはしておけないので、直接相手に支払うよう伝えることもできますが、のらりくらりと逃げてばかりの人には通用しません。

こういう時は弁護士に、債権回収の相談をしてみましょう。こちらが強く言わないと馬鹿にして支払おうとしない人も、弁護士を立てたことがわかった途端、支払いに応じるケースは少なくありません。しかしそれでも支払いをしようとしない場合は、専門家に任せれば債権回収が可能となります。

ただし弁護士に依頼すると高い費用がかかるイメージがあり、気軽に相談できないと考えてしまいます。費用が不安で、弁護士よりも安く依頼できる司法書士や債権回収を専門に請け負っている業者に依頼するという方法もあります。しかし債権の金額によっては、司法書士や債権回収専門業者では扱えないケースもあります。

その点弁護士なら金額に関係なく、全ての案件に対応してもらえます。もしも費用等が心配でいきなり依頼するのが不安というなら、一度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。時間や相談内容は限られますが、債権回収に関するヒントやアドバイスなどをもらえます。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket