無料相談を活用

回収したい債権があるのに、相手が支払いに応じてくれず話にならないという時、そのままでは解決するのは難しいでしょう。本来は相手に支払う義務があるのに、それを果たそうとしない時は、債権回収のためにこちらが行動しなければいけません。しかし払って欲しいと催促や交渉をしたところで、相手が応じる気がないと途方にくれてしまいます。

さらに厄介なことに、債権には時効が存在しており、時効が成立すると相手に債権を請求する権利を失ってしまいます。中には債権の時効を知っていて、それを悪用する人もいます。自分ではどうにもならない場合、そのうちなんとかなるだろうとのんきに構えていると、時効が成立し、結局こちらが泣き寝入りをすることになってしまいます。一般的な債権は10年、商用は5年の時効があるので、時効が成立する前に債権回収をしないといけません。

こういう場合も弁護士に依頼すれば、スムーズな手続きができます。今は債権回収についての無料相談を受け付ける弁護士や弁護士事務所が増えているので、悩んでいるなら無料相談だけでも受けてみることをおすすめします。無料相談については、電話で申し込みできるから都合のいい日を指定できます。時効が迫っている場合は、早めに行動する勇気も必要です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket