製菓専門学校についての情報が満載

製菓のプロを目指すには、すぐに製菓店などに就職してから技術などを身に付けることもできますが、あらゆる製菓の知識を身に付けられる製菓専門学校に進学する方がより良いでしょう。
その理由には基礎知識の習得はもちろん、学校でしか学べないこともたくさんあるからです。
就職に際しても、専門学校を卒業しているかや資格を取得しているかによって、選択肢の幅も広がり、特に資格保有者であれば採用にも大変に有利で、即戦力となって活躍ができます。

プロを目指せる!製菓専門学校の情報を紹介

プロを目指せる!製菓専門学校の情報を紹介 製菓専門学校は、洋菓子・チョコレート・カフェスイーツ・和菓子・パンが代表的な学べるお菓子で、専門的な製菓の技術と知識を学べ、製菓に関する資格を取得できます。
製菓専門学校の多くでは、パティシエを目指せる科や和菓子職人を目指せる科などと、学科やコースが分かれており、いずれも洋菓子や和菓子、パンについての基礎は学べるんです。
そのため、洋菓子を専門の科を卒業しても和菓子の知識も持ち合わせていますので、独創的なお菓子づくりにも挑戦できるということになります。
製菓には、製菓衛生師や専門士をはじめ、菓子製造技能士2級やパン製造技能士2級、サービス接遇検定と言った資格があり、学校を卒業することで資格や受験資格を取得できるんです。
プロとして活躍したい場合には、製菓専門学校で基礎からしっかり学び、資格を取得しましょう。
就職にも大変に有利です。

製菓専門学校ではどんなことを勉強するのか

製菓専門学校ではどんなことを勉強するのか ケーキ屋さんに通うことがあり、お店にいるパティシエの職業に憧れて自分でもお菓子を試作している人や、元々お菓子を作ることが大好きで、友達によく自作のお菓子を配っているので将来もそういう仕事に携わりたいと望む方もいらっしゃるでしょうし、その中には、製菓専門学校に通い、独学ではなくプロの技術を持った講師の下で勉強したいと考えている方もいるでしょう。
製菓専門学校では、洋菓子作りのための知識と技術を勉強することができ、理論と実習の2つに分かれた授業を受けることができます。
理論の授業で学べるのは、素材の役割について知ることができる製菓理論や、調理師として重要な、食品衛生や栄養学といった知識、さらには就職した後に有益な、マーケティングやサービスについてです。
理論よりも時間が割り振られることが多い実習では、校内だけでなく、プロの務める洋菓子店で実習を受けさせてもらえることもあり、これは学校に通っていない場合なかなか巡り合えない機会です。
中には授業を受けながら国家資格を取得できる学校もあります。
製菓専門学校で勉強することで、独学では得られない、様々な利点がお分かりいただけたかと思います。
製菓専門学校で学ぶことは夢の職業への大きな一歩となるでしょう。

パティシエを目指す人が製菓専門学校でとれる資格

ケーキや焼き菓子、和菓子にデニッシュなど、お菓子作りを仕事にしたいと考えている人が夢に近づくルートのひとつが製菓専門学校への入学です。
多くの製菓専門学校で取得できるのが、国家資格である製菓衛生師です。実は店舗に雇われて製菓に専念するだけなら、パティシエには特別な資格は必要ありません。しかし、製菓衛生師であることは衛生や製菓に関わる知識を持っていることを証明するため、将来独立開業する際には必ず必要になるものです。パティシエを目指す人の中には、海外で修業をしたり洋菓子の本場で活躍したいという希望を持った人もいますが、製菓衛生師であれば就労ビザの申請で技術者としてアピールすることができます。
製菓衛生師は、開業の際に食品衛生責任者を無試験で取得できるというメリットもあります。その他にも、学校やコースによっては、カラーコーディネーターやフードコーディネーターとしての知識をつけ、試験を受けることもできます。

製菓専門学校で身に付けられる技術について

ケーキやパン、ワッフルを作る仕事をしたい場合は、製菓専門学校に進学をしないといけません。洋菓子作りは非常に奥が深いものであり、独学では正しい知識と技術を身につけられないからです。家で趣味でお菓子作りを行う方は大勢いますが、その出来栄えはお店とはくらべものにならないことでしょう。
お客様からお金を頂いて商品をお渡しするには、相応の味と見栄えも大切です。そこで製菓専門学校で身に付けられる技術について、簡単に解説をしましょう。そのスキルとは見栄えのいい形のお菓子作りができる腕です。ケーキであれば綺麗なホールで完成をさせられ、イチゴにクリームを塗って素晴らしい出来栄えとなるでしょう。
パンだと焼き色がよく、クロワッサンなら三角形のものを作れるというわけです。製菓専門学校ではプロを育成する機関なので、実際に商売をしたいという方に向いているスキルを身に付けることが可能です。2年間でその腕を磨けるのが、製菓専門学校といえます。

製菓専門学校には様々な支援金制度があります

製菓専門学校に入ろうと思った時、いろいろとお得になる制度があります。その人の人柄や学業優秀と判断された者が学費支援が必要なとき、学費の貸与を行う国の奨学金制度を使うことが出来ます。新しいものでは新型コロナウイルス感染症の影響で経済的支援が、必要な人に対しての追加支援として「在学中の学費の一部を減額」するというものもできました。これは希望された人すべてが対象となるものです。しかし対象となる人は翌年3月に高等学校を卒業見込みであるものか、日本語学校を翌年3月に卒業見込みの留学生です。 製菓専門学校では、国の授業料等減免と、日本学生支援機構の給付型奨学金のより、意欲のある学生を経済的に支援するというものもあります。給付型奨学金と貸与型奨学金については、その人物の健康や学寮、家計等を基準と照らし合わせて決まります。高校在学中に申し込みができる予約採用というシステムもあります。まだまだいろいろな奨学金がありますで製菓専門学校に入ろうと思ったら、調べてみることをお勧めします。

製菓専門学校の卒業生が活躍できる進路はどんなところがあるのか

製菓専門学校ではお菓子の製造を学ぶことができます。卒業生は様々な分野で活躍しており、自分のやりたいことを活かせる職業を目指せます。代表的なのは、洋菓子店や和菓子店などです。こうしたお店では、直接製菓専門学校で学んだことを活かせるほか、創意工夫をして新商品を開発することなどに携わることができます。また、ホテルやパン屋、カフェなどのお店も同様に活躍できる場所です。変わったところであれば、お菓子の作り方を指導するスクールがあります。こちらはお菓子を作って販売するのではなく、作り方を教えて作れるようになってもらうための仕事です。誰かに教えるのが好きな方であれば、こちらも魅力的な就職先となります。 自分の将来のことを見据えるのであれば、就職先も見て専門学校を選びましょう。進路としてどのような道に進んでいるのかわかれば、やりたいことを目指しやすい学校を見つけられます。同様に、就職支援に力を入れているところや実績があるところの方が、助けてもらえるので安心です。

製菓専門学校の面接でよく聞かれることがある質問

製菓専門学校に入校したい場合には、面接試験を受けなければいけない場合もあります。試験に合格しないとお菓子作りの勉強ができなくなるので、事前に十分な対策をしておく必要があります。試験できかれることが多い質問として多いのは、受験者の長所です。自分で自分の長所を言うのは難しいかもしれませんが、しっかりと答えられるようにしておく必要があります。お菓子を作るのが得意な人の場合には、それを長所としてあげることもできます。手先が器用ならば、そうしたことも自分の長所として言うことができます。お菓子を上手に作る技術があることや、手先が器用であることをアピールすることは、製菓専門学校の試験では良い印象を与えられる場合が多いです。製菓専門学校の面接では、入校しようと思った理由をきかれることも多いです。なぜ自分がお菓子作りを勉強したいのかを、しっかりと答えることができるようにしておく必要があります。場合によっては、なぜその学校を選んだのかきかれることもあるので、多くの製菓専門学校の中からその学校を選んだ理由も、答えることができるようにしておいた方が最適です。

製菓専門学校の進学率は目指す将来像によって変化する

パティシエや小さな製菓店など、様々な進路が用意されている業界の就職事情ですが、製菓専門学校における進学率は、あらゆる就職先があることを考慮すると、自身がいかなる目的を持ち入学してきたかが大切だとわかります。製菓専門学校の基礎科目で学習することができる知識は、飲食におけるものと通じることもあり、食べ物に関わる多様な職に就きたいという要望に応えてくれる良さがあります。自分で店を開きたい人もいれば、会社に入ることもありますし、より専門的な場所でニッチを狙うことも可能なのは、食事に関係していることは人々が求めている選択肢だからです。製菓専門学校での授業内容が自分の学びたいこととずれているなら、同じように専門ではあるけれど違う学校へ編入することも考慮に入れることができます。基礎科目を身につけることは就職に関わらない場合にも、人生に彩りをもたらす貴重な経験になることが間違いなく、家庭や日常の食に素晴らしい効果があります。

製菓専門学校の学費はどれくらいかかるの?

学校に通う時に気になることのひとつは、やはり経済的な面です。製菓専門学校の学費は、二年制の学校で約300万円弱になっています。この内訳は、入学金・授業料・実習費などが含まれています。また、そのほかの教材費として一年ごとに10万円から20万円ほど、別途必要となることが多いです。 一括納入の学校もありますが、たいていは分納できるシステムをとっているところも多く、家庭の事情に合わせて支払い方法は変えられます。学費サポートには、国の奨学金制度や、製菓専門学校独自の奨学金制度など、経済的な不安を少しでも取り除いてくれる制度が用意されています。対象となる方は、こういった制度をうまく利用できると良いです。 各学校のホームページにも制度については載っていますし、オープンキャンパスなどでも相談できる機会があります。経済面だけがネックになっている方は、まずは相談をして夢をあきらめないといけないことが無くなると良いです。

製菓専門学校を卒業すると有名レストランなどに就職できます

製菓専門学校は実際の現場に近い環境になっており、実習メインでカリキュラムを組んでいたり、少しずつ器具の扱いや調理方法などを身に付けることが可能です。製菓専門学校を卒業すると、有名ホテルやレストランなどでパティシエとして就職することができます。学校では憧れの職人や有名講師陣から技術を学ぶことができ、もともと専門学校の卒業生だったケースが多いです。製菓専門学校は多くの卒業生を輩出しており、企業やお店など製菓業界と太いパイプで繋がっているのでチャンスが多いでしょう。パティシエの資格には製菓衛生師という国家資格があり、製菓衛生師や菓子製造技能士などの資格取得を在学中に目指すことが可能です。授業の一環として学んだ技術をいかしたイベントが開催されているので、実際お店や企業などとコラボした創作コンテストや、カフェなどを使って一般の人に向けた商品販売などに参加することができます。クラスメイト同士で刺激しあうことによって、モチベーションの維持に繋げることが可能です。合同企画では実際働いている人と関わるので、卒業した後の人脈づくりに有益です。

製菓専門学校に入学して調理師の資格を得る

製菓専門学校は文字通り、お菓子職人になるための技術や知識を学びます。それと同時に調理師免許を取得することができます。調理師免許はお菓子作りのためのモノに限られていません。営業として調理をすることが可能です。飲食店を開業する場合に、免許取得者を常在させる場合もあります。もちろん必須ではありませんが、本格的なお店を展開したい場合には不可欠です。製菓専門学校では、和菓子と洋菓子の両方を学びます。洋菓子では焼き菓子とプリンのような冷たいスイーツの作り方を勉強できます。製菓専門学校によっては、専門分野に特化したコースもあります。最初から自分が進みたい方向が決まっているなら、絞った方が効率的です。幅広い知識が役に立つこともありますから、製菓に関する様々な分野を知っておくことも助けになるでしょう。製菓の道に進むためには、製菓専門学校を卒業しただけでは不十分です。卒業後に実際の営業の携わる必要があります。

もっと製菓専門学校を知りたい

大阪 製菓専門学校